ネット上における誹謗中傷の解決

不特定多数の人が利用し活用しているネットでは、ひょんなことから誹謗中傷を受けることがあります。自分が何気ない気持ちで書き込んだ内容、何気なく発言した動画など、誹謗中傷を受ける原因は様々です。ネット上における誹謗中傷は、現実で行われるものよりも悪質です。その原因となる書き込みや動画を複製した全世界に広めようとします。その為、たった1日で多くの人に、その書き込みや動画の内容が知れ渡ります。そうなってしまった場合、個人での収拾はまず不可能です。むしろ逆に事態を悪化させる可能性もあります。なので、もし受けてしまった場合は、専門の業者に収拾の依頼をしましょう。専門の業者であれば解決までのノウハウをしっているため、素早く事態を収拾出来ます。費用は発生しますが、自分にそれ以上の害が及ばないためにも、依頼をした方が良いです。

究極のネットの誹謗中傷対策は検索エンジン次第

インターネットはいろんな情報を集められる点で便利な一方で書きこんだ人の匿名性が高いので自然と誹謗中傷をしやすい状況ともなります。その為世界中でいろんな誹謗や中傷の書き込みが大量になされています。さて日本においてそのような誹謗や中傷的な書き込みがなされている場合、その対象となった被害者が対策を行うには現在のところ有効で決定的な対策ができないのが現状のところです。対策を行う手段としては莫大なお金払って逆SEO対策を行うという方法があります。これはSEO対策の逆バージョンで検索サイトにおいて目立たなくさせるという方法です。つまりある種のキーワードを入れたら限りなく検索サイトの下位の下位まで持っていくように意図的にさせてしまいます。また裁判所に告訴という方法もありますが、いずれにしても時間とお金がかかりすぎてそれを利用出来るのはごく一部の人に限られてしまいます。そのあまり有効な方法がない今の現状ですが、究極のネットの対策は検索エンジン次第であるともいえます。現在の検索エンジンはスパム対策に熱心で大量のキーワードや被リンクを並べたりするなど過剰宣伝しているサイトに対して検索エンジンから抹消したりなどは積極的ですが、誹謗中傷などのサイトに対してはまだ有効な対策をとれていません。今後は某大手の検索エンジンもその誹謗中傷対策に積極的に関与して行けばこの問題を減らせるかもしれません。

悪質なネットの誹謗中傷に関して

先日、一人の中学生が自ら命を絶ちました。原因は、インターネット内での誹謗中傷でした。パソコンや携帯電話が急速に普及して、私たちの生活は便利になりました。一方で噂や中傷は拡散スピードが上がり、一度広がったものは消えなくなっています。それが真実の場合はまだしも、全くの別人が誹謗中傷を受けていることもあるようです。匿名性を良いことに、対象者を死に追いやるまで叩くことが常習化してしまっています。摘発されることもありますが、まさにイタチごっこの状態です。私たちは東日本大震災を経験しましたが、被災者に対する根拠のない差別も深刻化しています。放射能汚染の問題では、転出先で辛い経験をした被災者が多かったようです。悲しく残念なことですが、私たちが意識を強く持つことでしか解決出来ない問題です。噂や伝聞に流されない、正しい知識を学ぶことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*