今騒がれているネットの誹謗中傷

今度々テレビなどで取り上げられているネットの誹謗中傷なのですが、なぜそれらは消えないのでしょうか。その1つ目の理由としてあるのは書き込んだ犯人が誰なのかわからないと言う点です。これらは匿名でメッセージを送ることが出来るので、誰が書いたかなどが分からないと言う問題に陥っています。またこれは自分でメッセージを消すことが出来るという証拠隠滅を図ることが出来ます。そして2つ目の消えない理由として挙げられているのはもともと人間がそのような物をすることが好きだと言うことです。人を馬鹿にしたり相手を蔑んだりするのかもともと人間は好きなので、そのようなすることを今は容易にすることが出来ます。実際子供がそのようなことがありふれている環境で育った場合は問題を起こすことが多くなるのではないでしょうか。皆様にもぜひ気をつけていただきたいです。

ネットで誹謗中傷を受けないために

ネットで誹謗中傷を受けないためのキーワードはネットに依存しすぎないことです。現代の社会ではネットを使わないで生活をすることは不可能に近いでしょう。パソコン、タブレット、スマートフォン、これらは若者から大人まで誰しもが持っているものでしょう。しかもほとんどがWEBをするために存在します。特に最近ではSNSというものを誰しもが使用しています。SNSとは他の誰かと会話を楽しんだりすることです。しかも実名でSNSをする機会も増えてきます。こうなってくると少しでも間違ったことを書き込んでしまうと誹謗中傷の的にされてしまうこともあります。やはりこういった的にならないためにも、ネットに依存しすぎないことが大事になってきます。のめりこみ過ぎず、ほどほどにすることによって確率的に誹謗中傷を受ける機会を下げていく必要があります。

ネットの誹謗中傷に関して

インターネットが世の中に普及し、凄く便利な世の中になりました。普及する前は、何かを調べる為に図書館に行ったり、知っている人に話を聞きに行ったりしました。しかし、今ではパソコンや、スマートフォンで簡単に情報が得られるようになりました。それから、図書館に行く事がありません。凄く便利です。しかし、良い事ばかりではありません。不特定の人が書き込める掲示板などもあります。そこへ、誹謗中傷を書き込む人もいます。それを見た本人が心を痛めてしまう事もあるでしょう。実際に自分がかかれる事は経験をしておりませんが、顔も分からない人に誹謗中傷を書かれるというのは、凄く恐いでしょう。書き込みを監視出来るようにならなければ、これは防ぐ事が出来ないでしょう。便利なので、使う人が多くなっておりますので、それなりに整備が必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*